*

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を喪中のときに送るのはマナー違反か? ~相手を気遣う文例

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を先方が喪中のときに送るのはマナーとしてどうかということがよく問題になります。暑中見舞いや残暑見舞いは、心痛の相手に対して送るべきではないのでしょうか。送るとすれば、どのような配慮が必要なのでしょうか。

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元は喪中のときに送っても問題ない

suika

結論から言うと、暑中見舞いや残暑見舞い、お中元は相手が喪中のときに送っても問題ありません

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元は喪中のときに送っても問題ない

暑中見舞いにしても残暑見舞いにしても、暑さ続くなか、相手の体調を気遣って送る「お見舞い」ですので喪中の時期に送っても失礼にはあたりません。むしろ、大切なご家族を亡くされて気落ちしている方を慰めるような一文を添えて送ると喜ばれることでしょう。

喪中の相手に暑中見舞いや残暑見舞いを送るときの文例としては、

「(故人のお名前・敬称)を偲ばれながら、心寂しい日々をお過ごしかとお察し申し上げます。暑さの続く毎日ではございますが、ご家族の皆さまの健やかで穏やかな時間の続きますよう祈念しております。どうぞご自愛くださいませ」

という風なものをベースとして、相手との関係に応じて内容を変更すると良いと思います。

また、添える文には「ご冥福をお祈りしております」「お身体をご自愛ください」と書かない方が良いということを以前、ご紹介しました。

暑中見舞いと残暑見舞いを送る時期 ~「お身体ご自愛ください」は使わない! | コトバノ

10秒で分かるご冥福を祈ってはいけない理由 ~御霊前と御仏前のその違い | コトバノ

特に「ご冥福をお祈りします」という表現は、相手の宗派信仰によっては大変失礼な意味になってしまう可能性がありますので注意してください。暑中見舞いや残暑見舞いを送る時期についても、もう一度確認しておきたいですね。

お中元を贈るときに気を付けるべきこと

相手が喪中のときでも暑中見舞いや残暑見舞い、そしてお中元は送っても問題ないということについて説明してきました。

ところで、宗派や地域によって考え方は異なりますが、多くの場合、四十九日が終わるまでは忌中ということになっています。この時期は法要なども続いて慌ただしく、また、忌明けまでは人との交流をできるだけ避けるべきであるという考え方をすることもありますので、暑中見舞いや残暑見舞い、そしてお中元は四十九日が終わった以後送るようにした方が良いでしょう。

相手が喪中の場合にお中元を贈っても問題ありませんが、その場合、紅白の水引は使用せず、白の奉書紙をかけるようにします。熨斗には「お中元」と書かず「暑中見舞い」「残暑見舞い」と書いて贈るようにしてください。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

no image

アイデアは、飲み会よりもドリンクバーで生まれるものだ。

お酒を飲みながらの打ち合わせ。 おいしい食事もいただけます。うまいお酒もいただけます。

記事を読む

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない

印刷した年賀状を送る代わりにメールで新年の挨拶を済ませる方も増えてきました。 手段は変

記事を読む

no image

質問は、相手の心に自分を置くということ。

これからもお願いしますは自分に関心を向ける言葉。 これからも楽しみにしていますは相手に

記事を読む

日本語の雑学! 一から十までを声に出して読むときに起こる不思議現象とは?

円滑なコミュニケーションを行うために、ちょっとした雑学やクイズは有効的ですね。今日は是非、皆さんにま

記事を読む

ブログを書き続けることは、心配りの技術を磨くことなのかも

確かにtwitterやFacebookの方が気軽に書きやすく、反応も得られやすいとは思うのです。それ

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

腹ぺこさんの定期券。

新開地駅近く、メトロ神戸の「らーめん味道場」さん。 原価は低く、されど腹ぺこさんには魅

記事を読む

「お愛想をお願いします」の意味とお客さんが言うと失礼になってしまう理由と

飲食店で席を立って会計をするとき、店員さんに「お愛想をお願いします」と言うお客さんがいますが、この言

記事を読む

愛語というは、衆生を見るに、まず慈愛の心を発し、顧愛の言語を施すなり 道元 ~「ブラック企業」という言葉に

お寺[/caption] 名言や格言といった類のものは、自分を強くすることもあれば、自分を甘

記事を読む

日本語の雑学:「鳩」はクーと鳴き「鴉」はガーと鳴く、「蚊」はブーンと飛ぶのが漢字の由来

以前「アンデスメロン」という名称は実はダジャレだったということを紹介しました。 アンデスメロン

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑