*

「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」という表現をよく耳にします。「致す」という言葉には「する・なす」の意味がありますが、「不徳がする」から「ごめんなさい」とはいったいどういうことなのでしょうか。今回はこの「不徳の致すところ」という言葉の意味と使い方、なぜ「不徳の致すところ」で謝罪の意味になるのか紹介をします。

「不徳の致すところ」の意味と使い方について

dogeza

「不徳の致すところ」という表現が謝罪する場面で使われているのは皆さんもご存じだと思います。では「不徳」や「致す」にはどういう意味があって、「謝罪」の意味になるのでしょうか?

「不徳の致すところ」は遺憾や反省の意味を表明する慣用句
失敗したとき、自分に原因があることを示している

「不徳の致すところ」は遺憾や反省の意味を表しています。不祥事、不都合、失敗のあったとき、「自分に足りない点がありましたのでこのような事態になってしまいました」という内容を伝えています。

では、そもそも「不徳」とはどういう意味なのか。

不徳には
・徳の足りないこと
・人の行うべき道に反すること
・背徳
という意味
があります。

「人の行うべき道に反すること」の「致す」ところ。「不徳」の意味を知れば、なんとなくわかったような気もしますが、まだ「致す」のところがしっくりときません。それは、私たちの多くが「致す」を「致します」という謙譲表現での「する・なす」の意味で理解している人が多いからでしょう。

不徳、という言葉に続く場合の「致す」には「する・なす」の意味はありません。不徳という言葉に続く「致す」には、「至らせる」という動詞の意味から派生して「ある状態にたち至らせる」という意味があります。そしてこの場合の「ある状態にたち至らせる」は、多くの場合、良くない結果を引き起こすことを言います。

まとめてみましょう。「不徳」は「人の行うべき道に反すること」。「致す」は「(良くない)ある状態にたち至らせる」という意味でした。この二つの意味から「不徳の致すところ」は「人の行うべき道に反するような至ってしまった」という意味になることがわかります。

「不徳の致すところ」に謝罪の意味は含まれているのか?

「不徳の致すところ」という言葉には遺憾や反省の意味が含まれているとお伝えしました。ところで、「遺憾」とはどういう意味だったでしょうか。

そう、「遺憾に思う」には「謝罪の意味は含まれていない」ということを以前、こちらの記事で紹介しました。「不徳の致すところ」という表現は遺憾を表している、ということは、この「不徳の致すところ」という表現も謝罪の場面でよく使われる言葉ではありますが、厳密には謝罪の意味合いは少なく、反省している自分の態度を示している表現であると考えて良さそうです。

回りくどく表現してフォーマルな謝罪の印象を与えますが、「遺憾」や「不徳の致すところ」という言葉には直接的な謝罪の意味はないということは知っておくと良いでしょう(反省を表明しているのだから、当然、そこには謝罪の意味もあるだろうという意見もあります)。

謝罪の場面で使われそうな「慙愧の念に堪えない」「陳謝と謝罪の違い」についても整理しておこう

謝罪の場面でよく使われる言葉には、ほかにも「慙愧の念に堪えない」「陳謝」などがあります。

色々な「反省」や「謝罪」の表現がありますが、誰が使うのであっても、誰に対して使うのであっても「ごめんなさい」という言葉にこそ、いちばん、謝罪の意味が含まれているのかもしれませんね。





関連記事

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節、秋。 ところで、秋の味

記事を読む

「~しづらい」と「~しにくい」の意味の違いと使い分け ~入りづらいと入りにくいの違い

以前、敷居が高いという言葉は誤用されることが多いという話をしました。 たとえば「帰るのが午前様

記事を読む

no image

過去形で残すことのメリット ― 自分の目次を作ると、自分の強みが見えてくる。

始まりに「これをやるぞー」と目標を立てたものの、たいていは中途半端。 目標とは挫折を伴うものです

記事を読む

「煮詰まる」「煮詰まった」の意味と誤用 ~「煮詰まった」は「行き詰まった」ではなかった!

集中力を発揮するのに環境は大切。カフェのような場所で読書や勉強が捗りやすいのは、周囲の適度なノイズが

記事を読む

「奇特な人」って変な人? ~「奇特」の誤用と正しい意味と

「彼は天気が良くても傘を持って出掛ける奇特な人だ」という表現。どうやら「変わった人(変な人)」という

記事を読む

「存じ上げております」と「存じております」という言葉の使い分けについて ~「ご存じ」の色々

「存ずる」という言葉は「思う、考える」「知る、承知する」意の謙譲語。「こちらの服の方がお似合いかと存

記事を読む

蜘蛛の巣!

「リンクを貼る」と「リンクを張る」、正しいのはどっち?

蜘蛛の巣![/caption] 蜘蛛の糸、巣。 鉛筆程度の太さの糸で作られた巣を用いれ

記事を読む

暑中見舞いと残暑見舞いを送る時期 ~「お身体ご自愛ください」は使わない!

この記事をエントリーしている6月15日は、暑中見舞いの日なのだそうです。昭和25年に郵政省が暑中見舞

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

ご静聴とご清聴の違いについて ~ご清聴ありがとうございました

講演[/caption] 最近、人前で話をするときに「コナン君のモノマネをしまーす」と言って、「

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑