*

「不徳の致すところ」の意味と使い方 ~不徳がするからごめんなさい(謝罪)とは? ちゃんと謝罪の意味は含まれてるのか?

政治家や企業の不祥事、その謝罪の記者会見などで「不徳の致すところです」という表現をよく耳にします。「致す」という言葉には「する・なす」の意味がありますが、「不徳がする」から「ごめんなさい」とはいったいどういうことなのでしょうか。今回はこの「不徳の致すところ」という言葉の意味と使い方、なぜ「不徳の致すところ」で謝罪の意味になるのか紹介をします。

「不徳の致すところ」の意味と使い方について

dogeza

「不徳の致すところ」という表現が謝罪する場面で使われているのは皆さんもご存じだと思います。では「不徳」や「致す」にはどういう意味があって、「謝罪」の意味になるのでしょうか?

「不徳の致すところ」は遺憾や反省の意味を表明する慣用句
失敗したとき、自分に原因があることを示している

「不徳の致すところ」は遺憾や反省の意味を表しています。不祥事、不都合、失敗のあったとき、「自分に足りない点がありましたのでこのような事態になってしまいました」という内容を伝えています。

では、そもそも「不徳」とはどういう意味なのか。

不徳には
・徳の足りないこと
・人の行うべき道に反すること
・背徳
という意味
があります。

「人の行うべき道に反すること」の「致す」ところ。「不徳」の意味を知れば、なんとなくわかったような気もしますが、まだ「致す」のところがしっくりときません。それは、私たちの多くが「致す」を「致します」という謙譲表現での「する・なす」の意味で理解している人が多いからでしょう。

不徳、という言葉に続く場合の「致す」には「する・なす」の意味はありません。不徳という言葉に続く「致す」には、「至らせる」という動詞の意味から派生して「ある状態にたち至らせる」という意味があります。そしてこの場合の「ある状態にたち至らせる」は、多くの場合、良くない結果を引き起こすことを言います。

まとめてみましょう。「不徳」は「人の行うべき道に反すること」。「致す」は「(良くない)ある状態にたち至らせる」という意味でした。この二つの意味から「不徳の致すところ」は「人の行うべき道に反するような至ってしまった」という意味になることがわかります。

「不徳の致すところ」に謝罪の意味は含まれているのか?

「不徳の致すところ」という言葉には遺憾や反省の意味が含まれているとお伝えしました。ところで、「遺憾」とはどういう意味だったでしょうか。

そう、「遺憾に思う」には「謝罪の意味は含まれていない」ということを以前、こちらの記事で紹介しました。「不徳の致すところ」という表現は遺憾を表している、ということは、この「不徳の致すところ」という表現も謝罪の場面でよく使われる言葉ではありますが、厳密には謝罪の意味合いは少なく、反省している自分の態度を示している表現であると考えて良さそうです。

回りくどく表現してフォーマルな謝罪の印象を与えますが、「遺憾」や「不徳の致すところ」という言葉には直接的な謝罪の意味はないということは知っておくと良いでしょう(反省を表明しているのだから、当然、そこには謝罪の意味もあるだろうという意見もあります)。

謝罪の場面で使われそうな「慙愧の念に堪えない」「陳謝と謝罪の違い」についても整理しておこう

謝罪の場面でよく使われる言葉には、ほかにも「慙愧の念に堪えない」「陳謝」などがあります。

色々な「反省」や「謝罪」の表現がありますが、誰が使うのであっても、誰に対して使うのであっても「ごめんなさい」という言葉にこそ、いちばん、謝罪の意味が含まれているのかもしれませんね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

台風の当たり年なんて100%あり得ないその理由

台風の上陸って、北海道・本州・四国・九州の本土の場合のみを言うのだそうです。それ以外の島々については

記事を読む

「観賞」と「鑑賞」の意味の違いと使い分けについて ~同じ草花でも「観賞」も「鑑賞」も使う

「趣味は?」と問われて返す「映画鑑賞」。この「かんしょう」という言葉には「観賞」と「鑑賞」の2つがあ

記事を読む

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙し

記事を読む

貰った柿よりも、腕を伸ばして捥いだ柿の方が美味しい。

韓国の業者さんから、取引依頼のメールがやってきます。 最初のころはカタコトの日本語だけで構成さ

記事を読む

tenteki

「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただけますでしょうか」と、自分が休

記事を読む

「悪巧み」と「悪企み」、わかっていても使いたくなる誤用の例

学校の思い出![/caption] 教室に入ってくる先生、落ちてくる黒板消し。 これ、

記事を読む

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由

賞状や証書の類を見ていると、その文面に句読点のないことに気がつきます。 日本語には元々

記事を読む

タラバガニはヤドカリの仲間だった ~タラバガニの名前の由来

カニや栗といった食べるものが面倒なものはこれまであまり好きではなかったのですが、食べやすい状態で出し

記事を読む

腹ぺこさんの定期券。

新開地駅近く、メトロ神戸の「らーめん味道場」さん。 原価は低く、されど腹ぺこさんには魅

記事を読む

「世間ずれ」の意味と誤用 ~「世間ずれ」の反対語は「世間知らず」

「彼は世間ずれしている」「彼女は世間ずれしていないよね」という表現が、誤った意味で使われることが増え

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑