*

結婚式のタブー、使ってはいけない言葉 ~挨拶やスピーチで使ってはいけない忌み言葉一覧

公開日: : 最終更新日:2014/01/05 140文字で変わる表現力 , , ,

結婚式などの祝いの席では「終わり」や「繰り返し」を連想させるような忌み言葉を使ってはいけないとされています。

友人の立場として結婚式の挨拶やスピーチをするとき、つい「昔、新郎の○○君とはこんなことをやってしまいまして。これはもう、僕たちの人生は終わったなーなんて思ったこともありました(笑)」なんて言ってしまったり「新郎新婦のお色直しが終わりました」という表現を使ってしまうなど、うっかり忌み言葉を使ってしまうことがあります。

挨拶やスピーチは一度書き出しておくことが大切

結婚

人前で話すことに慣れた方でも、その表現に忌み言葉が含まれていないか、事前に書き出しておくことが重要。その文章のなかに、下記のような使ってはいけない言葉が含まれていないか確認しておくほうが良いでしょう。

結婚式の挨拶やスピーチで気をつけるべき
使ってはいけない忌み言葉

切れる
割れる
終わる
またまた
なおなお
たびたび
去る
出る
戻る
退く
破れる
壊れる
離れる
流れる
嫌う
病む
別れる
返す
帰る
終了する
薄い
浅い
閉める
閉じる
飽きる
重ね重ね
最後
再度

「最後になりましたが、○○さん、本当におめでとう」「たびたび何度もマイクをお借りして失礼いたします」「再度大きな拍手をお願いします」「人気者の○○さんが結婚されて職場を退かれるのは本当に残念で」なんて表現も気をつけたほうがいいですね。どちらかというと、挨拶やスピーチのなかで、場を和ませるようなエピソードを織り交ぜるときに、このような忌み言葉を耳にすることが多いような気がします。

「僭越ながら」「高い席から失礼します」も気をつけるべき言葉でした

以前、こんな記事も書きましたのでリンクしておきますね。

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること | コトバノ

あわせて、これらの記事も参考にしていただけると嬉しいです。

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い | コトバノ

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け | コトバノ

祝辞、挨拶、スピーチ。それらの原稿は祝福する相手、ご家族にそのままお渡しすることも(渡してほしいと頼まれることも)よくあります。自分が読むだけの原稿としてではなく、先方にいつまでも形として残る可能性があることも意識して、言葉を選ぶようでありたいですね。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

牧師と神父の違い ~プロテスタントとカトリックの区別

宗教的な区別、違いの言及は誤解を招いてしまう可能性があります。 コトバノでお伝えすることは、あ

記事を読む

「北」という漢字の字源で知る「敗北」「背走」の秘密 ~北海道の由来とは

北海道の洞爺湖![/caption] 「山」や「川」という字が形からおこった象形文字であるこ

記事を読む

kagetsu

「佳境に入る」「佳境を迎える」という表現の意味と使い方、誤用について ~仕事が佳境を迎えた、とは!?

「みかんの収穫が佳境を迎えた」という風に用いられる「佳境」という言葉は、「みかんの収穫がもっとも忙し

記事を読む

こだわりのあるお店に行ってはいけないその理由! ~こだわりのないお店の方がいい!?

こだわりのある紅茶!こだわりのない紅茶![/caption] 神戸の西区にある、紅茶専門店ア

記事を読む

「退職祝い」を贈るときのマナー ~人気のある記念品と「のし」に書いてはいけない言葉と

なんらかの理由で会社を退職されるとき、そして定年退職されるとき。その方に記念品を贈るときには気をつけ

記事を読む

ブランディングとは、トイレの前にお店を作ることだ ~差別化にはギャップを利用する

中小企業家同友会の集まりに参加、ブランディングとは何か、その取り組みについて議論をしてきました。

記事を読む

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足らない」。どちらの表現もよく見

記事を読む

「ご査収ください」の意味 ~「ご査収ください」はメールでは使わない方が無難

ビジネスレターやメールでよく使う「ご査収ください」という言葉ですが、本来の意味を送り手・受け手の双方

記事を読む

hikeme

「引け目」と「負い目」って同じ意味!? ~「引け目」と「負い目」の意味の違いと使い分け、誤用について

「引け目を感じる」「引け目を持つ」「負い目がある」と、一歩引いたようなニュアンスで用いる「引け目」「

記事を読む

自己啓発本ブームに殺されないために「使ってもいい」自分を許す言葉

「起こることには意味がある」 「すべてのことは自分に原因がある」 などなど。

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑