*

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け

公開日: : 最終更新日:2013/09/05 140文字で変わる表現力 ,

多忙

多忙

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意することでは、「僭越ながら」という言葉は使わないほうがいいということを紹介しました。挨拶では、できれば使わない方がいいと思われる表現が他にもいくつか存在します。今日はそのなかから「ご多忙のところ」という言葉について考えてみます。

ご多忙とご多用の違い ~ご多用のところを使う方が良い

ご多忙とご多用、意味としての違いは大きくありません。ただ「多忙な毎日」は聞いたことがあっても「多用な毎日」はあまり聞いたことがありませんよね。多用という言葉は、冠婚葬祭の挨拶などフォーマルな場で使われることの多い改まった表現であると言えます。

では、どうして「ご多忙」という表現は使わないほうがいいのか。

「忙」という字は心を亡(ほろ)ぼすと書くから
…という話をする人が多いから「ご多忙」は使わないほうが無難

結論なのに曖昧な書き方になっていることについては理由があります。

「ご多忙」の「忙」という字は確かに心を亡くす・心を亡ぼすと書きますが、それが理由で「忙」という字を使うことが相手に対して失礼にあたるということはありません。ただ、「忙」という字のエピソードが一般的になってきたため、この言葉を使う、使われることに神経質になる人が増えているのも事実。

ならば、減点になりかねない「多忙」を使わずに「多用」という表現に改めた方が無難であると考えます。

「忙」という字を使ったからといって「失礼だ!」と不快感を示されることはまずないでしょう。それでも、あえて「多忙」を「多用」と置き換えることによって、「言葉に配慮がある」という評価を得られることがあるかもしれませんよね。「多忙と多用」の知識を知っている人同士がその挨拶に触れ合うと、そこには「わかってますね」という空気が生まれます。これ見よがしに知識を押し付けるのではなく、「わかっている」という相互の「間(ま)」が生まれると、双方の信頼や期待は一気に高まります

履歴書や職務経歴書を送るときにもひと言添えたい

就職や転職活動の際に、履歴書や職務履歴書を郵送することがあります。必要な書類はその2点であったとしても、やはりマナーとして送り状は添えるべき。そしてその送り状の最後には「ご多用のところ恐縮ではございますが、ご検討よろしくお願い申し上げます」という言葉で締めくくると印象は良いでしょうね。

ご多忙とご多用、その違いを知っている人同士の「間(ま)」。そのほんの少しの違いが人生を左右することがある…というのは、大袈裟でしょうか。

結婚式の挨拶やスピーチで気をつけるべきこと《まとめ》

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること | コトバノ

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い | コトバノ

結婚式などの祝いの席で挨拶やスピーチ、司会で使ってはいけない忌み言葉一覧 | コトバノ


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

jisyo

辞書だって変化する! 「敷居が高い=高級そうで入りにくい=誤用」の意味が広辞苑第七版では改められた!

以前、「敷居が高い=不義理があってその人の家に行きにくい」が正しい意味で、「敷居が高い=高級そうでそ

記事を読む

塩昆布!

海藻と海草の違い ~昆布がおせち料理に入っている理由

塩昆布![/caption] 今日は結論からいきましょう。 海草には、根、茎、葉の

記事を読む

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だ

記事を読む

「万障お繰り合わせの上」という表現は招待するときや目上の方、お客様に使うのは失礼なのか?

招待状やDM、あるいは出席を求める呼びかけの文章に「万障お繰り合わせの上、ご参加ください」といった表

記事を読む

「雨模様」の本来の意味と読み方は? ~走り梅雨、梅雨雲、送り梅雨という言葉の意味と

雨は様々な歌に詠まれ、季節や情景、ときには心情を伝えるときの比喩表現としても多く用いられてきました。

記事を読む

no image

その文章、相手の想像力に委ねていますか?

強いサッカーチームは、味方たちを信じて、フォワードは前線に残ったままであるといいます。 言葉の世界

記事を読む

「深い絆」という言葉は誤用 ~目指すのは強い絆

紐[/caption] 東日本大震災のあった2011年には日本漢字能力検定協会の今年の漢字に

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

扁桃腺の「扁桃」の由来

疲れがたまってくると扁桃炎に。最近ずっと不調だった喉が爆発して、今日は大人しく寝込んでいます。割り切

記事を読む

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけない

記事を読む

Comment

  1. […] ◆ 「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け ( via コトバノ ) […]

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑