*

「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け

公開日: : 最終更新日:2013/09/05 140文字で変わる表現力 ,

多忙

多忙

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意することでは、「僭越ながら」という言葉は使わないほうがいいということを紹介しました。挨拶では、できれば使わない方がいいと思われる表現が他にもいくつか存在します。今日はそのなかから「ご多忙のところ」という言葉について考えてみます。

ご多忙とご多用の違い ~ご多用のところを使う方が良い

ご多忙とご多用、意味としての違いは大きくありません。ただ「多忙な毎日」は聞いたことがあっても「多用な毎日」はあまり聞いたことがありませんよね。多用という言葉は、冠婚葬祭の挨拶などフォーマルな場で使われることの多い改まった表現であると言えます。

では、どうして「ご多忙」という表現は使わないほうがいいのか。

「忙」という字は心を亡(ほろ)ぼすと書くから
…という話をする人が多いから「ご多忙」は使わないほうが無難

結論なのに曖昧な書き方になっていることについては理由があります。

「ご多忙」の「忙」という字は確かに心を亡くす・心を亡ぼすと書きますが、それが理由で「忙」という字を使うことが相手に対して失礼にあたるということはありません。ただ、「忙」という字のエピソードが一般的になってきたため、この言葉を使う、使われることに神経質になる人が増えているのも事実。

ならば、減点になりかねない「多忙」を使わずに「多用」という表現に改めた方が無難であると考えます。

「忙」という字を使ったからといって「失礼だ!」と不快感を示されることはまずないでしょう。それでも、あえて「多忙」を「多用」と置き換えることによって、「言葉に配慮がある」という評価を得られることがあるかもしれませんよね。「多忙と多用」の知識を知っている人同士がその挨拶に触れ合うと、そこには「わかってますね」という空気が生まれます。これ見よがしに知識を押し付けるのではなく、「わかっている」という相互の「間(ま)」が生まれると、双方の信頼や期待は一気に高まります

履歴書や職務経歴書を送るときにもひと言添えたい

就職や転職活動の際に、履歴書や職務履歴書を郵送することがあります。必要な書類はその2点であったとしても、やはりマナーとして送り状は添えるべき。そしてその送り状の最後には「ご多用のところ恐縮ではございますが、ご検討よろしくお願い申し上げます」という言葉で締めくくると印象は良いでしょうね。

ご多忙とご多用、その違いを知っている人同士の「間(ま)」。そのほんの少しの違いが人生を左右することがある…というのは、大袈裟でしょうか。

結婚式の挨拶やスピーチで気をつけるべきこと《まとめ》

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること | コトバノ

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い | コトバノ

結婚式などの祝いの席で挨拶やスピーチ、司会で使ってはいけない忌み言葉一覧 | コトバノ


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

皇族の方が逝去されたときに用いる「崩御」「薨御」「薨去」「卒去」について

ひとが亡くなったときに用いる「逝去」という言葉について、以前このような記事を書きました。 「弊

記事を読む

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節、秋。 ところで、秋の味

記事を読む

商売をしている方は要注意!「お求めやすい金額です」という言葉を誤って使っていませんか?

「お求めやすい商品です」「お求めやすい金額になっていますので、この機会にぜひどうぞ」 広告や店

記事を読む

「共に」「供に」「ともに」の使い分けと区別 ~「子供」と「子ども」はどう使い分けるべきか

「共に」「供に」「ともに」という表記は、それぞれどのように区別して使い分けをしたらいいのか。整理して

記事を読む

suiren

「往生」という言葉の使い方には注意が必要! ~「往生」と「他界」の意味の違いと誤用、使い分けを知っておこう

以前「ご冥福をお祈りします」という言葉は安易に使ってはいけないという記事を書きましたが、人が亡くなる

記事を読む

「拝啓と敬具」「前略と草々」、ところで「拝啓」や「草々」の意味って何? ~手紙のマナー

手紙には色々なマナーがあります。「拝啓」で始まれば「敬具」で結ぶ、そして「前略」で始まって「草々」で

記事を読む

「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい!

「神戸のコピーライターです、言葉や表現のお仕事がありましたらご用命ください」と書くとき、この「くださ

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

headposition

「頭が下がる」と「頭が上がらない」って同じ意味!? ~「頭が下がる」と「頭が上がらない」の意味の違いと使い分け、誤用について

「頭が下がる」と「頭が上がらない」は、その動作状態を想像する限りは同じような印象を受けますが、実際は

記事を読む

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われています。 [/captio

記事を読む

Comment

  1. […] ◆ 「ご多忙のところ」は使わない方が無難 ~多忙と多用の使い分け ( via コトバノ ) […]

Google


▼よく読まれている記事▼


kokkaigijidou
更迭(こうてつ)、解任、辞任の意味の違いと使い分けについて ~クビにするのはどの言葉?

たとえば大臣が不祥事を起こしたりすると、「首相はA大臣を更迭(こうて

「老舗(しにせ)」という言葉の意味と由来を紹介します

代々続いているお店のことを「老舗(しにせ)」と言いますが、今回はこの

kaifuku
「回復」と「快復」の意味の違いと使い分け ~快復と書いてしまうと誤用になってしまうのか

この記事を書いている今、実は頸椎間板ヘルニアで苦しんでいて、リハビリに

bankokuki
「万端」と「万全」の意味の違いと使い分け、誤用について ~「準備万端」と「準備万全」、正しいのはどっち?

「旅の用意は全部できたよ、さぁ出発しよう!」 このように、あらゆ

tenteki
「お休みさせてください」「お電話します」の「お」は必要かどうか、誤用ではないか、敬語として適切かどうか考えてみよう

欠勤の連絡をするときなど、「お休みさせてください」「お休みさせていただ

→もっと見る

PAGE TOP ↑