*

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない

印刷した年賀状を送る代わりにメールで新年の挨拶を済ませる方も増えてきました。

正月

手段は変われど、お世話になっている相手に新年のよろこびを伝えるのはいつの時代も大切なこと。今回は謹賀新年の意味「賀正」や「迎春」と書かれた年賀状を目上の方に送ってはいけない理由を考えてみます。

謹賀新年の意味は

年賀状で伝える「謹賀新年」。その「謹」という漢字の使い方の注意点については以前謹むと慎むの違いについてで紹介しました。

「謹んでお詫びいたします」か「慎んでお詫びいたします」か!? ~謹むと慎むの違いについて | コトバノ

謹賀新年とは謹んで新年をお祝い申し上げますという意味。ちなみに恭賀新年はうやうやしく新年をお祝い申し上げますという意味になります。

謹賀新年 :謹んで新年をお祝い申し上げます
恭賀新年 :うやうやしく新年をお祝い申し上げます

年賀状は元々、相手を尊び恭しく(うやうやしく)送るもの。その意味を考えると、自分自身が謙虚になり相手を高める礼儀正しい内容であることが求められます。

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由 | コトバノ

フォーマルである年賀状や賞状などで、相手の読解能力を不安視する句読点の使用は、相手に失礼な印象を与えてしまうことがあります。これはいつもお伝えしていることですが、特に高齢者の方は日本語の礼節について詳しい方が多いように思われます。様々な世代の方に送る可能性のある年賀状ですので、その文面も出来るだけ無難で、失礼のない内容にまとめておく方が良いでしょう。

「謹賀新年」と「あけましておめでとうございます」を併記するのはおかしい?

「謹賀新年」は謹んで新年をお祝い申し上げますという意味。つまり「あけましておめでとうございます」と同じ意味になりますので、この2つの言葉が並んだ年賀状はやはり違和感があるといえます。ただ、「謹賀新年」という言葉そのものがデザインに組み込まれている場合は、その限りではありません。ここでは、「謹賀新年」と「新年あけましておめでとうございます」は同じ意味であることだけをお伝えしておきます。

「賀正」「迎春」という漢字一文字や二文字の年賀状を目上の人に使ってはいけない理由

「賀正」や「迎春」という漢字一文字や二文字で表される年賀状がありますが、ここで改めて「賀正」と「迎春」の意味を考えてみたいと思います。

「賀」「寿」「福」
→おめでたいですね

「賀正」
→正月を祝います

「迎春」
→新年を迎えましたね

「新春」
→新しい年ですね

簡単に、年賀状でよく使われる漢字一文字「賀」「寿」「福」、漢字二文字「賀正」「迎春」「新春」の意味をまとめてみました。それぞれ、新しい年が来たその喜びを伝えてはいますが、年賀状を送るべき相手に対する敬意や丁寧さに欠けているのがおわかりになりますでしょうか?

謹賀新年の「謹」には「謹んで」の意味があることを説明しました。そう、自分がへりくだることによって相手への敬意を含むのが「謹」という言葉の意味。たった一文字や二文字の違いではありますが、この言葉があるのとないのとでは大きく意味は異なります。友人への年賀状は目上の人に送るものではありませんので、これら漢字一文字や二文字の年賀状を使っても差し支えありませんが、年賀状は本来、礼節を重んじるべきもの。また、目上の方であろうと友人であろうと共通した内容で使えることを思えば、出来るだけ「謹」や「恭」という文字の入った「謹賀新年」や「恭賀新年」といった言葉を使う方が適切で便利であると言えるでしょう。

年賀状や切手、ハガキをクレジットカードで購入するお得な方法 | コトバノ

松の内はいつまで ~関西と関東で異なる「松の内」の期間と「寒中見舞い」を送る時期と | コトバノ

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意 | コトバノ

ちなみに年賀状の印刷。「縦」と「横」の印刷であれば、横向きに印刷したものの方は受け取った相手が裏返して読むとき、「横にする」という動作が発生します。たかが年賀状、されど年賀状。相手が何十枚と年賀状を受け取るなかで、ほんの少しでも印象に残ってほしいと思うのであれば、そんな相手の手間を意識した内容にしてみるのも面白いかもしれませんね。




↑2016浴衣に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修)


関連記事

挨拶は上品に

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること

挨拶は上品に[/caption] 壇上、スピーチなどを頼まれた人がよく「高い席から失礼します

記事を読む

no image

過去形で残すことのメリット ― 自分の目次を作ると、自分の強みが見えてくる。

始まりに「これをやるぞー」と目標を立てたものの、たいていは中途半端。 目標とは挫折を伴うものです

記事を読む

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足らない」。どちらの表現もよく見

記事を読む

「打ち合わせ」とは雅楽に由来する言葉だった!

太鼓[/caption] 打ち合わせとは、物事がうまく進むよう事前に相談をすることですが、実

記事を読む

「上には上がいる」は間違いで「上には上がある」が正しい使い方だった!

福沢諭吉![/caption] 財布が分厚い理由は、中にたくさんのポイントカードが入っている

記事を読む

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を喪中のときに送るのはマナー違反か? ~相手を気遣う文例

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を先方が喪中のときに送るのはマナーとしてどうかということがよく問題にな

記事を読む

雪

雪は音もなく降るのに「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」と歌になっている理由は何故か

日本の童謡『雪』。この歌の「雪やこんこ霰(あられ)やこんこ」という歌い出しは馴染みが深いところですが

記事を読む

no image

【問題】ある回転寿司屋さんから届いたDMハガキの謎【考えてね】

今日は、問題をひとつ。 ある回転寿司屋さんは、これまで、アンケートにお答えいただいたお客様に定

記事を読む

「珠玉(しゅぎょく)」の意味と誤用 ~「珠玉の長編小説」という使い方は誤り!

美しいもの、尊いものを表現するときに用いる「珠玉(しゅぎょく)」という言葉があります。海の珠(たま)

記事を読む

丼!

木の葉丼は関西独自のものだった! ~木っ端微塵と木っ葉微塵、正しいのはどっち?

丼![/caption] 親子丼の鶏をカマボコにしたもの、それが木の葉丼。これって関西の食文

記事を読む

Google

「足りない」と「足らない」はどちらが正しくて誤りか ~足りないと足らないの違いと使い分け

「物足りない」「物足らない」といった複合動詞でも使われる「足りない・足

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは

秋刀魚や栗、芋やキノコなど様々な食材が美味しく感じられるようになる季節

「かきいれ時」を漢字で書くとどうなるか? ~「書き入れ時」か「掻き入れ時か」

商売が繁盛して、お客さんがたくさん来店される時期のことを「かきいれ時」

会話で使う「僕も、私も」の「も」(助詞)は、使い方を間違うと主役を奪ってしまうので要注意!

川柳や俳句の世界では、助詞の「も」は句意を弱くしてしまうと言われていま

領収書や請求書、手紙やメール、FAXに(株)や(有)という省略形は失礼なので使ってはいけない

うちの会社宛に送ってこられる請求書や手紙などには、株式会社や有限会社を

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 見上げている夜空にかざせば、そこにある星や星座たちの詳細を教えてくれるアプリ。昼の空にかざしてもそこに在る星たちの存在を伝えてくれます。
  • 症状を選択していくだけで犬や猫たちの病気や対策を教えてくれます。ペットたちの変化にはどうか動物病院への受診を躊躇しないでくださいね。
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑