*

2018年の松の内はいつまで ~関西と関東で異なる「松の内」の期間と「寒中見舞い」を送る時期と

公開日: : 最終更新日:2018/01/06 140文字で変わるコミュニケーション , ,

正月の松飾をしておく期間のことを松の内といいますが、地域によって、その期間は異なるようです。

関西と関東で異なる「松の内」の期間

門松

松の内の期間は地域によって大きく異なり、期間に対する考え方も時代と共に短くなる傾向にあります。

元々は1月15日(小正月:こしょうがつ)までを松の内としていたようですが、関西では1月15日までを松の内、関東では1月7日(大正月:おおしょうがつ)までの松の内として考えるようになってきました(※関西や関東のなかでも、地域によっては異なります)。

2018年も関東では1月7日まで松の内、関西では1月15日までが松の内となります。

松の内とは正月の松飾をしておく期間のこと。
関西では1月15日の小正月、関東では1月7日までの大正月を松の内とするところが多い

当時、江戸幕府が1月7日を以て飾り納めを行うよう通達を出したことがきっかけとなり、その周辺の関東では7日までを松の内として考える傾向が広まっていったようです。以前は1月15日が成人の日の祝日だったこともあり、15日までが松の内と考えていた関西でも、次第に短く考えるようになっている地域が増えているようですね。

寒中見舞いを送る時期はいつか

寒中見舞いとは、年賀状の代わりに出す挨拶状・喪中と知らずに年賀状を下さった方に対する返信などに使うものですが、寒中見舞いを送るときに大切なのが、この「松の内」の考え方になります。

寒中見舞いを送る時期は松の内が明けて立春までの頃だが、1月5日以降1月下旬までに先方に届くようにすれば良い

寒中見舞いは、松の内が明けて立春までの間に相手に届くように送ります。上述した考え方によると、関西地方では松の内を15日までと考える地域が多いので、1月15日以降~1月の終わり頃までに相手に届くようにすれば良いように思えます。

ただ、寒中見舞いが出し遅れた年賀状の代わりであったり、「寒(かん)」の時期に相手を気遣って出すお見舞いであることを考えると、1月5日以降に先方に届ける考え方をしていれば間違いはないでしょう。

寒の時期とは小寒(1/5頃)から立春の前日(2/3頃)までのこと。会社や学校が始まるころに相手に寒中見舞いが届くようにすれば問題ありません。

謹賀新年の意味 ~「賀正」「迎春」の漢字一文字や二文字の年賀状は目上の人に使ってはいけない | コトバノ

年賀状や切手、ハガキをクレジットカードで購入するお得な方法 | コトバノ

暑中見舞いや年賀状に句読点があってはならないその理由 | コトバノ

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意 | コトバノ

寒中見舞いの話題とあわせて、年賀状関係の記事を紹介しておきますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

<追記>
年賀状・年始に関する話題として抱負と目標の違いについて書きました。

挨拶も強い意志を表明するのも年頭ならでは。この記事をお読みいただいた皆さんのこれからの時間が充実したものになりますよう祈念しております。


▼関連の深いこちらの記事もどうぞ▼

関連記事

「割愛する」には不要なものを省略するという意味はなかった ~「割愛」の誤用と正しい意味と

「時間の関係で、この部分の説明は割愛させていただきます」 プレゼンや会議などで、こんなフレーズ

記事を読む

「お愛想をお願いします」の意味とお客さんが言うと失礼になってしまう理由と

飲食店で席を立って会計をするとき、店員さんに「お愛想をお願いします」と言うお客さんがいますが、この言

記事を読む

「拝啓と敬具」「前略と草々」、ところで「拝啓」や「草々」の意味って何? ~手紙のマナー

手紙には色々なマナーがあります。「拝啓」で始まれば「敬具」で結ぶ、そして「前略」で始まって「草々」で

記事を読む

ご静聴とご清聴の違いについて ~ご清聴ありがとうございました

講演[/caption] 最近、人前で話をするときに「コナン君のモノマネをしまーす」と言って、「

記事を読む

no image

毛布には挑むのではなく。

犬派の西端です。 猫を飼っている人は、部屋の出入りがしやすいようにドアを完全には閉めずに隙間を作っ

記事を読む

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩など、目上の人に使ってはいけない

記事を読む

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を喪中のときに送るのはマナー違反か? ~相手を気遣う文例

暑中見舞いや残暑見舞い、お中元を先方が喪中のときに送るのはマナーとしてどうかということがよく問題にな

記事を読む

書いている文章の意図が相手に伝わらないときに使いたい、「たとえば」の力。

資料などを作っているとき、文字が勝ちすぎないよう、相手にわかりやすいよう、図やグラフ、写真といったア

記事を読む

no image

「余計なお世話じゃ!」を意識して作る会話の台本。

「今なら1000円引きでお得ですよー、良かったらいかがですか?」 これってつまり、売り手の論理

記事を読む

「弊社」と「当社」の意味の違いと使い分け ~抗議のときは「当社」を使う!

私たちの会社という意味を表す熟語に「弊社」「当社」という言葉があります。今回はこの「弊社」と「当社」

記事を読む

Google


▼よく読まれている記事▼


  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。
PAGE TOP ↑