*

「葬式、結婚式は恙なく(つつがなく)無事に終了しました」と書いてはいけない理由

誤用と呼ばれるような表現であっても、最近はその誤りが一般化してきていることもあって耳に入ってくる音だけでは気付かないケースも多くあります。逆に言うと、書面にした言葉はいつまでも残ることになり、恥をかいてしまうこともしばしば。スピーチなどで使われる言葉は、たとえ口頭の挨拶であってもその書面を相手に渡すケースもありますので特に気を付けたいところです。

「葬式や結婚式が恙なく(つつがなく)終了した」と書くと誤用になってしまう理由

angel

結婚式や葬式はスムースな進行が期待されるもの。「恙なく(つつがなく)進行して終了した」と書いても問題はないような気がしますが、何故誤用になってしまうのでしょうか。

恙なく(つつがなく)は、
「何ごともない」という意味。

ただし、
何かが起こっても不思議ではない状況で
何も起こらなかったときにだけ
使う

恙なく(つつがなく)は何かが起こっても不思議ではない状況で、幸いに何もなかった場合にのみ使える言葉。たとえば旅行、たとえば日常生活。そういった状況では、もしかすると事故に遭うかもしれず、事件に巻き込まれる可能性もあり得ます。つまり、何かが起こっても不思議ではない状況。こういうときに「恙なく旅程を終えた」「恙なく毎日を過ごしている」と書くことは問題ありません。

一方で、葬式や結婚式は、不測の事態が起こるという予想は基本的にはしません(してはいけません)。トラブルがなく、予め決められた進行に基づいて無事に終わることが見込まれるもの。何かがあっても不思議ではないという前提は成り立ちませんので、葬式や結婚式を表現するときに「恙なく(つつがなく)」という言葉は用いません

葬式や結婚式が無事に終わったことを使う言葉は

それでは葬式や結婚式が無事に(前提通りに)進行した場合はどんな風に表現するべきでしょうか。

葬式や結婚式が無事に進行した場合は
×恙なく(つつがなく)
○滞りなく(とどこおりなく)
を用いる

大きなトラブルがなく、無事に葬式や結婚式が進行した場合は「滞りなく(とどこおりなく)」という言葉を使います。式の終盤、締めの挨拶などで進行がスムースに行われた謝辞を伝える場合は、特に間違えることのないようにしておきたい言葉ですね。

結婚式で覚えておきたい表現力

挨拶、スピーチを求められることのある結婚式では、語源や誤用を知っておくとうっかりミスを減らしやすくなります。

「お日柄も良く」は雨でも使っていい言葉 ~お日柄の意味と六曜の意味・読み方 | コトバノ

「お日柄も良く」は外の天気に関わらず使える言葉でした。ただし、六曜に従うとすれば、使ってはいけない日があることも注意が必要です。

結婚式などの祝いの席で挨拶やスピーチ、司会で使ってはいけない忌み言葉一覧 | コトバノ

「再度大きな拍手をお願いします」「最後になりましたが」という言葉は、つい、挨拶のときに使ってしまいそうな言葉ですね。スピーチ用の原稿を忌み言葉一覧と照らし合わせて確認しておきたいところです。

末長く二人の幸せを祈ってはいけない理由 ~長いと永いの違い | コトバノ

「末長いお二人の幸せを記念しております」と書いてはいけない理由を解説しています。「長い」と「永い」の違い、注意してください。

「高い席から失礼かと存じますが」「僭越ながら」と言ってはいけない理由 ~挨拶やスピーチで注意すること | コトバノ

「僭越ながら」も、控えめな自分を伝えるようでいて、実はそういう意味として伝わることのない表現でした。

言葉を選ることは相手への思い遣り

細かい表現に意識を向けすぎて、形骸化した挨拶になってしまっても意味がありません。ただ、こういう言葉を使ってはいけないな、や、この言葉の由来はこういうことだったんだな、ということを知りながら相手への挨拶に言葉を選ることは、相手を想うからこその行為であるともいえます。

ほんの一手間、すこしの意識で、相手の心に響く文章になることをコトバノはお祈りしております。





↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)




関連記事

《季節の言葉:秋隣》8月8日、9日、10日は白桃の日

うだるような暑さの毎日。「うだる」ような暑さとは? ~蝉の鳴く温度と松尾芭蕉の句となんて記事を書いた

記事を読む

年賀状に「去年」という言葉を使ってはいけない理由 ~年賀状のタブーに注意

年賀状には句読点を用いてはならないという記事を以前書きましたが、今回は「去年」という言葉を使ってはい

記事を読む

知識の受け売りをする人に多く見られる語尾の特徴

成功しているように見える誰かは、そこに至るまで、きっといろんな失敗をしてきたと思うのです。本当に何の

記事を読む

暑中見舞いと残暑見舞いを送る時期 ~「お身体ご自愛ください」は使わない!

この記事をエントリーしている6月15日は、暑中見舞いの日なのだそうです。昭和25年に郵政省が暑中見舞

記事を読む

「慚愧に堪えない」「慚愧の念に堪えない」は「残念で仕方がない」という意味ではなかった!

「慚愧に堪えない(ざんきにたえない)」「慚愧の念に堪えない(ざんきのねんにたえない)」という言い回し

記事を読む

秋の日は釣瓶落とし ~秋の日の入りは一日に一分以上早くなっていく、三夕の歌

この時期、夕方になると「日が落ちるのが早くなった」という会話をよくします。まさに秋の日は釣瓶落とし。

記事を読む

「時」と「とき」の使い分け ~困ったときに思い出したいその区別

時のまち、明石からお届けしているコトバノ。 明石市を通る東経135度の経度が日本標準時

記事を読む

no image

【問題】ある回転寿司屋さんから届いたDMハガキの謎【考えてね】

今日は、問題をひとつ。 ある回転寿司屋さんは、これまで、アンケートにお答えいただいたお客様に定

記事を読む

「少しずつ」と「少しづつ」ではどちらの書き方が正解で誤りか ~「ずつ」と「づつ」の違い

「少しずつ」「少しづつ」や「一人ずつ」「一人づつ」など、「ずつ」と「づつ」についてはどちらの書き方も

記事を読む

事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け

結婚5周年や開店10周年など、慶事に使われる印象の多い「周年」という言葉。「周年」を事故や事件の災害

記事を読む

Google

「了解しました」は失礼だから「承知しました」という表現を使うのがビジネスマナーだと習いました。本当ですか?

ビジネスマナーの教室や本では「了解しました」という言葉は、上司や先輩な

駅のホームの列車接近案内放送「危険ですから」と「危ないですから」、正しい使い方はどっち?

駅のホームで列車がやってくるのを待っていると、「まもなく列車がまいりま

「遊興費」の正しい読み方について ~「ゆうこうひ」か「ゆうきょうひ」か、誤読に注意!

家計簿をつけたり経理をしたりしていると「遊興費」という言葉が出てきます

「語るに落ちる」の誤用と意味と ~「語るほど価値のない人間だ」という誤った意味で理解していませんか?

「語るに落ちる」という言葉があります。「彼は悪いことばかりをして、もは

尻をまくるの読み方と誤用に注意! ~お尻を出して逃げ出すイメージがありますが!?

「尻をまくる」という言葉があります。「追い詰められて、彼はとうとう尻を

→もっと見る

  • 西端 康孝 / コピーライター・歌人・川柳家

    コトバノを運営している神戸のコピーライター西端です。川柳や短歌で日常を綴る短歌と川柳とマカロニとというブログや徒然に毎日を表現する川柳をこよなく愛する明石のタコというブログもやっていますので、良かったら遊びにきてください。書いたり取材したり講演の仕事も承っています。

    路傍という写真に言葉遊びを散りばめたiPhoneアプリもリリースしました。また、こういうiPhoneアプリを出して世に自身の創作を広めていきたいという方のお手伝いもしていますので興味があればこちらの記事をお読みください。
  • follow us in feedly
  • 画面の美しいtwitterクライアント。フリック操作で簡単にリストや特定ユーザーを切り替えることができるので、様々な情報に気軽にアクセスしたい方にオススメ。西端も利用しています。
  • カタカナ語の充実はもちろん、ビジネスや資格試験対策にも対応した幅広い収録語数。アニメーションによる筆順機能はお子さんをお持ちの方に特にオススメです。
  • 言葉の仕事をするとき、このブログを更新するときに欠かせないアプリになりました。
  • 言葉の繰り返しを防ぐだけでも、洗練された印象の文章になりますね。
  • コトバノの執筆者である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
PAGE TOP ↑